水回りの修理はECOに繋がる|トラブルの解決はプロにお任せ

ピックアップ

優良な業者選択

水道水漏れが起きた場合、なかなか自分では修理を行うことは難しいです。応急処置を行うことができても、専門の修理業者でない限り完全に修理を行うというのは難しいのです。

readmore

修理ではなく交換

水回りのトラブルで一番多いのが水漏れです。水道の水漏れは生活面で非常に困るトラブルですが、簡単な水漏れなら自分で簡単に修理することができます。水漏れの場所にもよりますが、パッキンなどの劣化が原因で水漏れが起きている場合、ホームセンターなどで替えの部品を購入することができます。ボルトなどを締める工具なども必要になるため、揃える必要があります。自分で行う修理の場合、多少の知識が必要になってきます。勘だけで修理を行おうとした場合、余計に水漏れを悪化させてしまう原因を作ってしまいます。不安な場合、水回りのトラブルの專門業者に修理を依頼する方が賢明でしょう。こうした専門業者は全国に多く存在しているため、住まいの近くで簡単に見つけることができます。また、最近ではホームページを開設している業者も多数いますので、ネットから検索することも可能になっています。

蛇口からの水漏れの場合、劣化した部品を交換することで直すことができますが、蛇口の寿命は約10年です。補修部品も約10年で無くなってしまうことが多いです。修理が必要になった頃には、必要な部品の製造もストップしていることは多く、在庫が残っていない限り取り寄せることもできません。また、仮に在庫が残っていて取り寄せることができても非常に高価な値段になっている場合がほとんどであり、納期まで時間を要することも珍しいことではありません。苦労して入手した部品によって修理を行えた場合でも。使用年数が経過している蛇口本体が傷んでいたり、取り替える際にほかの部品を傷つけてしまうこともあります。部品はあっていても経年により痛みや損傷が酷い場合にはぴったりとはまらずに、別の場所からまた水漏れを起こしてしまうというケースが多いのです。部品を取り替えるよりも蛇口交換を行う方がエコになります。蛇口交換は手間も時間も費用も節約することができます。また、最近の蛇口は節水効果があるものなど、様々な種類があるため、長い目で見た場合、蛇口交換をする方がかなりお得なのです。

おすすめ記事

水道水漏れについて

水道水は大きな水道管から分岐して各家庭へと水を送っています。分岐された水道は硬質塩化ビニール管などの配管材を利用して必要な場所まで水を送っていますが、使用年数が経過すると配管材が痛みます。

注目の記事

個人での洗濯機の設置

引っ越しや新しい洗濯機を購入した場合など、専門業者に洗濯機の取付を依頼すると4000円前後の費用が掛かります。自分で取付ができれば、取付費用を浮かせることができます。

簡単な水漏れの修理

日常生活において緊急性を要するトラブルといえば水道水漏れがあげられます。水漏れの原因にもよりますが、台所や洗面所の蛇口に関する簡単な水漏れは、自分で修理を行える場合があります。

関連リンク

↑ PAGE TOP